MENU

1歳の暴れる夜泣きの対策について

スポンサーリンク

夜泣きはどの赤ちゃんにも起こる可能性があります。
起きているときに経験したことや興奮していると言うことなどが原因として考えられていますが、決してこれだけが原因とはなっていません。
また詳しい仕組みがはっきりとわかっていないというのも現状です。
そのなかで1歳前後の暴れるような夜泣きに困っているという人も少なくありません。
暴れるような夜泣きがあるときの対策としては次のような方法があります。
1歳を過ぎれば良くなると考えている人もいますが、あまり改善せず困っているという人も少なくありません。
ひどいときには暴れてしまうというようなこともあるので、このようなときにはまず事前に防ぐと言うことが大切です。
そこで場所や環境の変化に注意をするようにします。
引っ越しや旅行などで環境の変化があった場合には眠れない赤ちゃんもいます。

スポンサーリンク

したがって対策としては安心できるような工夫をすることが大切です。
その日にお母さんが着ていた洋服を掛けてあげたり、いつもお母さんが使っているストールを掛けて寝るというようなことを行います。
これだけでも赤ちゃんは安心感が生まれます。
また睡眠のリズムを整えるというのも大切なことです。
基本的に理想的なリズムとなっているのが、朝6時に起きて昼食を食べてからお昼寝をする、そして20時には寝るというようなリズムです。
しかし必ずしも時間厳守をしなければいけないと言うことではありません。
これを目安に調整をしていけばいいのです。
生活リズムを崩さないための工夫として、上手に外で遊ばせたり散歩を取り入れるようにします。
お昼寝は1回から2回を目安とし、時間は合計で2時間から3時間とします。
しかし夕方の4時までには起きるようにします。

スポンサーリンク