MENU

夜泣きしない子の特徴について

スポンサーリンク

赤ちゃんが夜泣きをする事は一般的な事になります。
とは言え母親にとっては辛いものですし、場合によっては近所迷惑などになってしまう事もあります。
夜泣きは一般的ではありますが、中には全く夜泣き夜泣きしない子もいます。
出来れば自分の子供も夜泣きしない子になって欲しいと思う母親は大勢いらっしゃいます。
なお、夜泣きをしない子供にはいくつかの特徴があるとされています。
まずは、男の子の赤ちゃんはあまり夜泣きしないと言われています。
これは女の子の方が成長が早いため夢を見る時期も早い事が原因とされています。
実際に夜泣きについての意見として男の子の方が夜泣きしにくいと言う意見が多いのですが、未だに医学的な根拠は報告されていません。
なので、その傾向は見られるもののハッキリとした特徴とは言い切れないのが現状になっています。

スポンサーリンク

次にミルクの母乳の違いとされる事があります。
母乳の方が夜泣きしにくいと言われていますが、こちらも詳細なデータは無いのであくまでも一つの意見程度になっています。
そして、布団とベビーベッドの違いではないかとも言われています。
こちらはある程度は理由が判明しています。
布団の方が夜泣きしにくいとされていますが、それは母親との距離が近いためと考えられています。
ベビーベッドの場合は、赤ちゃんが目覚めた時に母親が見えないため夜泣きする可能性が高くなります。
しかし、布団の場合は母親の姿を確認しやすいので夜泣きもしにくいとされています。
このように夜泣きする子と夜泣きをしない子には明確な特徴や違いは報告されていません。
したがって夜泣きをしない子にするよりも、夜泣きを早めに改善する事がより適切な対応になると言えます。

スポンサーリンク