MENU

乳児期に起こる夜泣きとは

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれてから、ママは寝不足になります。
数時間置きの授乳やオムツ換えの合間に、自分の食事や家事をこなさなければいけなくて、大忙しです。
慣れない育児をこなすだけでも疲れますし、母乳で赤ちゃんを育てると、それだけ母乳を作り出さなければいけないため、体に負担がかかります。
赤ちゃんが昼間寝てくれれば、その間少し休憩ができますが、赤ちゃんの中には、なかなか寝てくれない子もいて、本当に大変です。
そして、乳児期には、赤ちゃんが夜に何度も起きてしまうことが普通です。
夜くらいは、眠らせて欲しいと思うママも、夜中に何度も起こされたりして、大変な思いをするのです。
一体、乳児の夜泣きとはどんなものなのでしょうか。
夜泣きとは、何が原因で起こってしまうのでしょうか。
夜泣きが発生しないように予防策などはないのでしょうか。

スポンサーリンク

乳児期に起こってしまう夜泣きとは、名前通り、夜に泣いてしまう現象をさします。
7割の赤ちゃんが夜、夜泣きをしてしまうようで、多くのママが悩む事の一つだと言われています。
授乳をして、お腹がいっぱいになるとまた寝付くというパターンが多いようですが、理由もなく、泣き続けるというケースもあり、様々です。
乳児は、昼間に経験したことを夜になって思い出して泣き出す、ということがあったり、見た目では、理由がわからない場合もあるので、根気よく対応することが必要です。
当然のことながら、夜泣きはずっと続くわけではありません。
大きくなれば、「夜泣きが大変な子だったわ」と思い出話になるものです。
対応しているときは、疲れて、眠くて、近所迷惑にならないかと心配だと思いますが、仕方がないんだと、どかんと構えているしかないものです。

スポンサーリンク