MENU

赤ちゃんの夜泣きがひどい時期

スポンサーリンク

なかなか寝てくれず、寝付いたと思ったらすぐグズグズ始める夜泣きですが、ある時期を過ぎると不思議なことにまったく直ってしまうのが特徴です。
今回は赤ちゃんの泣きが最もひどい時期について取り扱い、育児に悩むお父さんお母さんの助けになればと思います。
一般に一番ひどい時期は生後6か月前後といわれています。
一般に人は昼に体験した記憶を睡眠中に整理するといわれていますが、赤ちゃんの成長し昼夜の区別ができてくる6カ月ころには昼間多くの体験を記憶として脳が整理する中で、赤ちゃんが不安等を感じ、それが原因になっていると言われています。
赤ちゃんが泣く一番ひどい時期は生後6か月からの1か月程度とされており、個人差はありますが、この時期を過ぎると赤ちゃんは、毎晩泣いていたのが嘘のように朝までぐっすり眠れるようになってくれます。

スポンサーリンク

では、赤ちゃんが夜間泣いてしまうとき、どのように対策を採ればよいでしょうか。
おじいちゃんおばあちゃん世代では、「昼間たくさん外で遊ばせれば夜泣きは起こらない」と言われていたそうですが、実際には脳の記憶整理が夜泣きの原因ですから、多くの体験をすればするほど、泣いてしまうとも言えます。
昼間外で遊ばせるかどうかは、夜泣きの原因としては当てはまらない、ということです。
もっとも、「これをすれば夜泣きがピタッと止まる」という特効薬は存在しないのが現実です。
そこで、お父さんお母さんが必死で赤ちゃんをあやして寝かしつける、というのが現実的な対策になりますが、ただ寝かしつけるだけではなく、家の外を散歩してみたり、中には車のなかならぐっすり眠れる赤ちゃんもいるとのことで、時には環境を変えてみるというのもよいかもしれません。

スポンサーリンク