MENU

保育園とひどい夜泣きについて

スポンサーリンク

子供はある程度の年齢になると、集団生活を身につけるために保育園に行くようになります。
ここでたくさんのことを覚えて友達との関係を築いていくのですが、保育園に通い出してから夜泣きがひどくなると言うことがあります。
ひどい夜泣きに悩まされるようになったと感じている人がいますが、生後3ヶ月から4ヶ月頃から始まることもあれば、6ヶ月頃から始まる子供など個人差があります。
3ヶ月頃に始まる際に考えられる原因としては、生活リズムが大きくなっています。
これに対して6ヶ月頃から始まる子供に関しては、生活リズムだけではなく寝かしつけの要因も考えられます。
このように始まる時期によって違いがあるということをしっかりと頭に入れておきます。
保育園に通い出すと生活リズムが整えられてひどい夜泣きがなくなると言うこともありますが、逆に始まってしまうこともあります。

スポンサーリンク

集団生活が始まってから始まる際に考えられる原因としては次のようなものがあります。
それは自宅での就寝時間が遅いということです。
このほかには園生活でのストレスを残したまま就寝していると言うことが考えられます。
自宅での就寝時間が遅いと言うことに関しては、子供に多く見られるようになっています。
入園前の生活で就寝時間が遅くても、お昼寝をすることで睡眠時間を確保することができていたという人がいますが、保育園では決められた時間に昼寝をするようになっているので、この時間に寝ることができなければ睡眠不足の状態になってしまいます。
睡眠不足になるとすぐに寝ることができるのではないかと考える人がいますが、実際には逆で睡眠リズムを上手に取ることができなくなるので、全体的に眠りが浅くなるという結果につながってしまいます。
したがってこの点に注意が必要です。

スポンサーリンク