MENU

授乳で泣き止む夜泣きにお困りの方

スポンサーリンク

赤ちゃんの夜泣きは非常に困るものです。
毎晩のように続くとお世話するほうも寝不足になり、ストレスが溜まってしまいます。
しかし夜泣きは永遠に続くものではありません。
我慢していれば、必ず治まる日が訪れますので、あまり神経質にならないようにしましょう。
さて、赤ちゃんが夜泣きするのには、いくつかの原因が考えられます。
よく言われているのは、睡眠のサイクルがまだしっかりと確立していないせいで、浅い眠りのときに目覚めてしまうという説です。
大人も浅い眠りのときには夢を見ます。
時には目覚めてしまうこともあるでしょう。
悪夢を見ることもあります。
赤ちゃんにも同じことが起きていると考えられるのです。
夜、ある程度まとまった時間を深く眠れるようになるには、半年くらいはかかるようです。
夜泣きを止める確実な方法はありませんが、あれこれしているうちに「ウチの子はこうすれば泣き止む」といった、ある程度の経験則はつかむことができます。

スポンサーリンク

中でも授乳で泣き止むタイプの子がいます。
一つは授乳している間だけ泣き止む子です。
これは母乳そのものというより、授乳されるときの心地よさを求めていると考えられ、やめるとまた泣き出します。
この場合は昼間にたくさん遊ばせたり、ちょっと熱めのお風呂に入れたりして体力を使わせ、深い眠りを誘うと良いです。
次のケースは授乳で泣き止むと、それからしばらくは落ち着いて眠る子です。
これはやはりお腹が空いていたと考えられます。
これが毎晩続くようなら、昼間に飲むおっぱいの量が不足している可能性があります。
母乳の量自体が少ないのか、たくさん飲めない性質の子なのかの見きわめをして下さい。
どちらのケースにしろ、夜泣きの多い赤ちゃんは繊細で色や音などに敏感な性質の子が比較的多いです。
これらを思い出して泣いている可能性もあります。
ですからお世話する大人は、赤ちゃんが昼間に体験する色・映像・音・匂いなどにも配慮も必要です。
どぎつい色・大きな鋭い音などはなるべく避けましょう。

スポンサーリンク