MENU

抱っこしないと嫌がることで夜泣きする際の対処法

スポンサーリンク

赤ちゃんは、姿かたちは大人と似ていても、大人とは異なる面がたくさんあります。
そうした赤ちゃん特有の面の一つが、夜泣きをすることです。
赤ちゃんは、空腹になれば泣くことがありますし、おむつが汚れても泣くことがあります。
すなわち赤ちゃんは、いろいろな原因によって、泣くことがあるのです。
また、赤ちゃんは抱っこされることによって、安心する面があります。
その反対に、抱かれていないと嫌がるようになって、泣くこともしばしばあるのです。
なかでも、そうした抱かれていないことで夜泣きとなることは、問題になり易いです。
人間は基本的に、昼に活動して夜に睡眠をとります。
しかし、夜に赤ちゃんが泣いてばかりいると、その面倒を見る母親は、睡眠時間が不十分になるのです。
そのため、抱っこしないと嫌がることで夜泣きする際の対処法を、備えておくことが必要になります。

スポンサーリンク

日本では、赤ちゃんが夜中に泣くと、出来るだけ泣かさないように、抱いてなだめることが多いです。
しかし、そればかりしていると、先述のように母親への負担が大きくなります。
そこで参考にすると良いのが、西洋的な赤ちゃんの育児方法です。
西洋は、日本とは異なって、個人主義の歴史が長いということが特長になります。
その影響もありまして、西洋では赤ちゃんが夜中に泣きだすと、日本とは異なる対処をするのです。
具体的には、赤ちゃんが夜中に泣いても、母親を含めた大人は世話をすることが少ないのです。
もちろん、必要な授乳やおしめの交換などは、しっかりと行います。
しかし、必要なことを済ませていたら、あえて世話をしないようにするのです。
すると赤ちゃんは、はじめは泣き続けます。
ところが、そのまま時間が経過すると、泣くことを中止するようになることが多いのです。
そうした対処を行うことで、バランスの良い育児を行っているのです。

スポンサーリンク