MENU

3歳から4歳時の夜泣きはストレスが原因かもしれない

スポンサーリンク

夜泣きは、新生児期の赤ちゃんがすることというイメージがありますが、3歳〜4歳の幼児でも夜泣きをすることも良くあることです。
赤ちゃんと比べると、体力もあり、泣き声も大きいため親のほうが疲れてしまうことも多いようです。
3歳〜4歳の幼児期の夜泣きの原因はどのようなことが考えられるのでしょうか。
まず、昼の時間帯に何らかのストレスを感じたということがあります。
保育園に通い始めるなどの生活環境が変化したタイミングや、嫌な事が起きたなど、強い刺激を受けたことが原因となっていることがあります。
そして、弟や妹が生まれた場合、不安感や愛情不足を感じている可能性があります。
いわゆる赤ちゃん返りの一つということが出来ますが、甘えたり、泣いたりしたい気持ちを我慢していると、それが夜泣きという形で出てくることがあります。

スポンサーリンク

昼にストレスがたまっていることが原因で、夜に手が付けることが出来ないほど泣いているという場合には、そのままの状態で落ち着かせるのではなく、一度しっかりと起こし、落ち着かせ、声をかけて安心させてあげるようにしましょう。
昼間に何か強い刺激を受けたような場合には、寝る前に安心することが出来るように、抱っこしてあげるなど甘えさせてあげるようにすると予防に繋がります。
そして、赤ちゃん返りとしている場合も同様です。
弟や妹は小さく、その赤ちゃんの世話にかかりっきりになってしまうのは仕方のないことです。
しかし、なるべくお兄ちゃんやお姉ちゃんを優先してスキンシップを積極的に行うようにしましょう。
可能であれば、赤ちゃんの世話を父親や祖父母などの人に少し任せ、母親と2人の時間を作ることを心掛けるということも大切です。

スポンサーリンク