MENU

中耳炎の夜泣きの対処法について

スポンサーリンク

子供が中耳炎を発症したときには痛みのあまりなくことがあります。
痛みがひどくなると大泣きするというような子供もいるので、しっかりと対処法を理解しておくと安心です。
そのなかで中耳炎の痛みによって夜泣きをすることもあります。
すぐに泣きやんでくれるといいのですが、中耳炎の場合そのようなことはありません。
痛みでなかなかしっかりと眠ることができない子供に対しての対処法があるのかが気になります。
痛みで夜泣きをしてしまうという子供に対しては、耳鼻科を受診することが基本です。
このときには薬が処方されるようになっています。
解熱鎮痛剤が処方されている場合には、これを服用することで痛みが和らぎます。
しかしこれが原因となっていない場合もあります。
この場合の対処法として考えられるのが、解熱鎮痛剤の変わりに市販薬を利用するという方法です。

スポンサーリンク

そこでどのような薬を服用すればいいのかというと、子供用の頭痛薬などが効果があります。
市販薬と聞くと少し抵抗があるという人も少なくありませんが、比較的安心して使えるものが多くなっています。
ここにはアセトアミノフェンという成分が含まれています。
この成分が鎮痛剤としての効果を発揮するようになっています。
このほかの対処法としては、耳の後ろを冷やすと効果があります。
血管が拡張して血液の流れが良くなると痛みが増加します。
したがって冷やしたタオルなどで耳の後ろの膨らんだ部分を冷やしてあげると痛みが和らぎます。
これらの2つの対処法がありますが、応急処置的なものとなっているので、必ず耳鼻科を受診するようにします。
中耳炎を発症する原因としては風邪やインフルエンザなどがあります。
したがって予防するためには風邪などの病気を予防することになります。

スポンサーリンク