MENU

予防接種が赤ちゃんの夜泣きの原因となる場合もあります

スポンサーリンク

生後2〜3ヶ月から2歳程度の赤ちゃんによく見られる行動として、「夜泣き」があります。
夜泣きの泣き方は赤ちゃんにより異なりますが、寝る前に泣き出す場合もあれば、夜中に突然大きな声で泣き出すこともあります。
何日も続くと、両親のほうがストレスを感じてしまったり、睡眠不足による体の不調を感じる可能性もあります。
夜泣きをする原因については、はっきりと分かっているわけではありませんが、睡眠サイクルリズムが未熟であること、昼間に予防接種などの強い刺激を受けた事、欲求不満、生活リズムの乱れなどがあります。
重大な病気であることは少なく、成長とともに自然におさまってくるのが一般的ですので、成長過程の一つであると捉え、あまり深刻に悩まないようにすることも大切です。
両親が悩み過ぎると、それが赤ちゃんに伝わってしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

昼間に赤ちゃんが不安になるようなことが合った場合や予防接種を受けた場合など、夜泣きが起こる可能性がある場合には、寝る前にいつもよりもスキンシップをとるようにしましょう。
そうすることにより、安心して眠ることが出来るようになります。
また、夜泣きがひどいという場合や寝ぼけながら泣いているというような場合には、一度起こしてしまいましょう。
部屋の明かりをつけ、完全に起こし、赤ちゃんの相手をします。
泣き止んだら、もう一度部屋を暗くして、寝かしつけるようにしましょう。
お腹が空いているなどの理由でも泣き出す可能性がありますので、そのような場合には、ミルクを与えたり、温かいお茶などを飲ませるようにします。
お腹がいっぱいになると、泣き止む場合もあります。
その他にも、ドライブをすることで車の振動が眠気を誘う可能性があるとも言われています。

スポンサーリンク