MENU

5歳の子供の夜泣きについて

スポンサーリンク

子供が夜泣きをする時期というのは比較的年齢が低い時期と考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。
ある程度成長しても夜中に目が覚めて泣き出すという子供もいます。
その中で意外と多くなっているのが5歳の夜泣きです。
この時期になってもなぜ治らないのかと不安になる人もいますが、小さな子供にとって夜中に泣くのは普通のことで、あまり神経質になる必要はありません。
またここにはいくつかの理由が考えられています。
5歳の場合心や体がある程度成長していますが、日中は幼稚園で過ごすというのが多くなっています。
そのなかでたくさんの体験をしたり目や耳から情報が入ってきます。
これらが夜になくという原因となっています。
またお母さんに叱られたり友達と喧嘩をしたということが原因となっていることもあります。
これらが引き金となって夜に泣き出してしまうのです。

スポンサーリンク

5歳になると社会に適応をしなければいけないことも多くなってきます。
したがって幼稚園や友達同士の中で起こった出来事の中で時には我慢をしなければいけないことも出てきます。
そのなかでつらかったり悲しかったりというようなマイナスの出来事が原因となっていることもあるので、その場合には泣きたいだけ泣かせてあげて抱きしめてあげることが大切です。
夜中におねしょをするというような子供もいます。
この場合怒られるのが怖いと思って泣き出すこともあります。
おねしょをしてしまった場合には、できるだけ怒らないように心がけます。
それはなぜかというと、おねしょをして怒られたことが原因となって、夜尿症を引き起こすことがあります。
怒られたことが原因で夜泣きになってしまうということを考えると、ここで大切なことはあまりイライラせずにゆったりとした気持ちで接するようにします。

スポンサーリンク