MENU

二人目の出産による上の子の夜泣きを防ぐ方法

スポンサーリンク

二人目の出産をきっかけとして、上の子が夜泣きをするようになることも多いようです。
これまで一人で親や周囲の人の愛情や関心を一挙に集めていたのに、それが二人目の出産で愛情不足を上の子が感じてしまうことが夜泣きの大きな原因であると言われています。
この時期の赤ちゃん返りや夜泣き、様々なわがままは、適切に対応することが出来れば、一時的なことで済みます。
このことを上手く乗り越えるためには、子供だけの力ではなく、周囲の人のサポートも大切です。
この試練を乗り越えるためには、出産前からケアを始めるということが重要です。
二人目を産んだ後は、赤ちゃんの世話に付きっきりにならざるを得ません。
そのため、出産前からケアを始めるようにしましょう。
赤ちゃんが生まれることを上の子に伝えるのは、安定期に入った時期に行いますが、その時には両親の愛情をしっかりと伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

出産直後は、赤ちゃんも親も大変な時期です。
上の子の変化に上手く気が付くことが出来ない可能性もあります。
特に、夜も授乳するために起きる必要のある母親は、寝不足で大変な時期でもあります。
赤ちゃんが寝ている時間には、上の子のサポートに時間を使うようにしましょう。
一緒に遊ぶということをしなくても、話を聞いてあげたり、抱っこをするなどのスキンシップをすることでも十分です。
そして、自分一人で赤ちゃんの世話をしていると、ストレスになってしまう可能性があります。
赤ちゃんのいる生活に慣れさせるという意味でも、一緒に赤ちゃんの世話をするということもおすすめです。
赤ちゃんとスキンシップをすることにより、脳内から愛情ホルモンが分泌され、幸福感を感じるようになると言われています。
なお、手伝ってもらったら、たくさん褒めることも大切です。

スポンサーリンク