MENU

赤ちゃんの夜泣きの原因や夜泣きをしない自閉症の赤ちゃんについて

スポンサーリンク

赤ちゃんによく見られる「夜泣き」とは、私たちは「夜に赤ちゃんが泣くこと」と理解していることが多いです。
これといった原因もなく、毎晩のように決まって泣き出す現象のことを言います。
赤ちゃんの夜泣きの原因は様々で、単に夜に泣くから夜泣きに含まれるとは限らないと言われています。
しかし、赤ちゃんの中には泣かない子もいます。
泣かない赤ちゃんは夜泣きもほとんどなく、授乳のときくらいしか泣くことがない子もいるようです。
それとは逆に、長時間泣き叫ぶほどの激しく泣く子もいます。
この時、汗をかいていたり、呼吸が速く心拍数が上がる場合は「自閉症」を疑ったほうがいいと言われています。
赤ちゃんのほとんどは、昼間の出来事による刺激や空腹、オムツが汚れているなど不安や不快感などを訴えて泣くものです。
しかし、不快感はあるのに泣くことをしない赤ちゃんは、自閉症の可能性が高くなります。

スポンサーリンク

しかし、単に「泣くか泣かないか」で自閉症の判断をするのは難しいことです。
判断の目安としては、2歳を過ぎて日常的なコミュニケーションの取り方でチェックすることができます。
例えば、親と赤ちゃんの目線が合うかどうかや、2歳になっても言葉の意味を理解するこができない、また全く言葉が出てこないなどが見られる場合は注意が必要です。
その他では、名前を呼んでも振り返らないことがあったり、自分の思い通りにならないと過剰に騒ぎ「パニック」の状態になる場合もあります。
また、3歳を過ぎても毎晩のように泣く場合は、前頭葉の発達に関係していると言われています。
しかし、3歳が目安でもなく、この頃には入園や兄弟の誕生など、精神的な刺激や風邪などで体調不良だったりの場合もあり、発達障害の疑いは低いとされています。
夜泣きをする、しないに関係なく、赤ちゃんの精神面をリラックスさせることによって泣くのに効果がある方法があります。
それは「ベビーマッサージ」です。
各地でベビーマッサージ教室が開かれていることが多いので、効果のあるマッサージを学ぶこともお薦めです。
そして、何より赤ちゃんもお母さんもリラックスすることが大切になります。
楽しくスキンシップをとることで改善していきます。

スポンサーリンク