MENU

夜泣きの原因や対処と8ヶ月について

スポンサーリンク

真夜中に突然赤ちゃんが泣き出すと言うことがありますが、このときに抱っこをしてみたりミルクをあげるなどの対策を行いますが、いろいろ試してみてもなかなか泣きやまないという経験をしたことがある人がいます。
このような状況が毎日続くと言うことになれば、一緒にいるお母さんが疲れ果ててしまいます。
これは一般的に夜泣きといわれるものとなっていますが、そこには考えられる原因と対処法があります。
赤ちゃんがなぜ夜泣きをするのかというと、それははっきりとしたことがわかっていません。
しかしいくつか考えられる原因としては、睡眠サイクルが確立されていないと言うことや、見る近くまで眠っていたと言うこと、このほかには刺激やストレスなどが関係していると考えられています。
したがって対処法としてはこれらの原因を取り除くことが大切になります。

スポンサーリンク

夜泣きはいつから始まるのかというと、早い子供では生後3ヶ月頃から始まるようになっています。
そしてだいたい1歳半頃には治まるようになっています。
生後8ヶ月頃には基本的にはほとんどの赤ちゃんが夜泣きをするとされています。
したがって8ヶ月頃の夜泣きに関しては、ゆったりとした気分で見守ると言うことが大切になります。
遅い子供では2歳頃まで続くと言うこともありますが、個人差があるので決して悪いことではありません。
そこで改善する効果的な対処法ですが、生活リズムを整える必要があります。
そのためには大人と同じように早寝早起きを心がけるようにします。
眠ることが仕事となっているので、昼寝も必要になりますが、目安としては午後1時から3時の間で長くても1時間半程度に抑えておくようにします。
夜はできるだけ8時から9時半までに寝かせるようにします。

スポンサーリンク