MENU

断乳の夜泣きはいつまで続くのか

スポンサーリンク

今まで授乳を中心に子育てを行っている人が、赤ちゃんの体の成長と共に断乳をすることを考えます。
この時期は個人差があるので決まっていませんが、1歳を目安に考えているという人が多くなっています。
一般的に子供が一人で歩くことができるようになり、言葉を少し理解することができるようになった時期が適していると考えられています。
この条件を必ずしも満たしていなければいけないと言うことはありませんが、夜に何度も目が覚めたり授乳をやめたいと考えている人は、断乳という方法があります。
いつまでというのは決まっていませんが、実施してしばらくは夜泣きをする子供もいます。
それも個人差があり1週間程度であったり3日間程度で夜泣きが治まったというような人がいます。
ここで大切なことは、根気よく我慢すると言うことです。
ここで気をつけなければいけないことがあります。

スポンサーリンク

それは断乳をする前に、子供がおっぱい以外の方法で水分補給をすることができる状態であるか確認をしておくことです。
とくに夏場は脱水の可能性があるので、注意が必要です。
今までおっぱいだけだったこどもが急にストローやコップを使うのは非常に難しいです。
したがってそれまでにストローやマグなどで水や麦茶を飲むことにならせておくことが必要です。
いつまでに断乳しなければいけないということはありませんが、理想的な時期としては夏や冬ではなく、秋や春というような過ごしやすい時期に行うと安心です。
子供が体調不良の時には無理に行わずに時期をずらします。
このほかに乳腺炎やしこりなどのトラブルがないというのも条件の一つになります。
断乳を行うときのポイントとしては、実行すると決めた朝に一切おっぱいを上げないようにします。
またしっかりと言葉にして伝えることも大切になります。

スポンサーリンク