MENU

3歳の夜泣きの対処法について

スポンサーリンク

多くの人が経験するようになっている夜泣きですが、一緒に生活をしているお母さんが睡眠不足になって疲れてしまうと言うことも珍しくありません。
赤ちゃんが引き起こすものと考えている人がいますが、成長をしても夜中に急に泣き出すことがあります。
これは決して珍しいことではないのです。
3歳になると体力があり泣き声も大きくなるので、夜泣きがあるたびにお母さんやお父さんは精神的にも体力的にも疲れてしまいます。
赤ちゃんの場合は睡眠サイクルが確立されていないと言うことが原因となってしまいますが、この時期の原因としてはさまざまなことが考えられます。
そのなかの一つとして考えられるのが昼間に起こった不安な体験です。
幼稚園や保育園に通い始めた時期や家庭の中でたくさん怒られたとき、またたくさんの刺激を受けたときなどに発生することが多くなっています。

スポンサーリンク

3歳の時期の夜泣きの対処法としては次のようなものがあります。
幼稚園や保育園に通うタイミングで発生したという場合の対処法としては、夕方バタバタとあわただしい時間を過ごすことが多くなっているので、お風呂に入る時間も遅くなります。
したがって帰宅をすればすぐにお風呂に入るなどリズムを変えるという方法を実践します。
妹や弟が生まれたタイミングで夜泣きをするという子供がいますが、この場合にはがんばるという気持ちが芽生えているにもかかわらず、それとは逆にもっと甘えたいという気持ちも入り交じっています。
寂しさや不安から夜中に泣き出すと言うことが考えられるので、甘えさせてあげたり抱っこなどをしてスキンシップをするようにします。
赤ちゃん返りの際には接するのが少し難しいですが、子供が大好きであるという気持ちをしっかりと伝えることが大切です。

スポンサーリンク