MENU

1歳の夜泣きと中耳炎について

スポンサーリンク

小さな子供は泣くことが仕事と言っても過言ではありませんが、いつもとは様子が異なっているという場合には、何か問題がある可能性があるので、しっかりと観察をする必要があります。
夜中に授乳を行ったり、おむつ交換を行ったりと母親は非常に大変です。
そして生活習慣が落ちついてきた頃に夜泣きが始まるというのも珍しいことではありません。
新生児の頃からこのような状態が続いているという場合もありますが、基本的には生まれて3ヶ月くらいまでの赤ちゃんが夜中に目を覚まして泣くのは、お腹がすいたりおむつが汚れているというサインとなります。
したがってこれらを改善することで落ち着きます。
授乳リズムが整って一度にたくさんの量を飲むことができるようになれば、夜中に目を覚ますことが少なくなります。
しかしこれらの問題がないのに急に夜泣きが始まることがあります。

スポンサーリンク

一晩に何度も目を覚まして泣き出し、だっこをしても治まらないという場合には夜泣きの可能性が高くなります。
これは日中に体験したり興奮したことを夢の中で見ているのではないかという説があります。
このほかには睡眠のリズムがまだつかめていないというのも考えられています。
しかし実際には詳しい原因はわかっていません。
この中で注意しなければいけないことは、今まで順調に寝ていた赤ちゃんが急に夜泣きをするようになったときです。
非常に心配になりますが、泣くということ以外に鼻水が出ていたりというような症状があれば中耳炎の可能性が高くなります。
1歳半を過ぎると、赤ちゃん自身も痛みなどがある程度わかるようになります。
したがって中耳炎の場合には耳の不快感があるので頭を振ったり、耳を触ったりというような仕草を見せることがあります。
したがって1歳半頃のこのサインを見逃さないようにします。

スポンサーリンク