MENU

五ヶ月の赤ちゃんの夜泣きについて

スポンサーリンク

子育てをしているお母さんの一番の悩みは赤ちゃんの夜泣きです。
そのため睡眠不足に陥るケースが多くみられます。
睡眠不足は体力だけではなく気力も低下させます。
このような状態が長く続くと最悪の場合、産後うつになりかねません。
それを避けるためにも赤ちゃんの夜泣きについて詳しく知っておきましょう。
通常赤ちゃんは、おむつが汚れたり空腹になると泣きます。
ですがそれ以外の何の支障もない時にも夜泣きをします。
実はこの原因にいたってはいまだ解明されていません。
しかしあることに注目するとその仕組みが理解できます。
それは睡眠のリズムです。
一般的に生後五ヶ月にもなると体内時計というものが働き始めます。
個人差はありますが睡眠のリズムが出てくる頃なので今までよりは夜泣きも減る傾向にあります。
それでも赤ちゃんの夜泣きに悩まされるかたにはある効果的な方法があります。

スポンサーリンク

五ヶ月の赤ちゃんを泣き止ませる方法とは、まずは生活のリズムを整えることです。
毎日朝は同じ時間に起こしてあげることで睡眠のリズムを正常にします。
ポイントとなるのは起こす時間です。
朝は早くて午前6時から午前7時辺りがベストとなっています。
そしてこのとき大事なのは起床後は太陽の光を浴びさせることです。
これにより乱れた体内のリズムを整えることができます。
朝、昼、夜の区別をつけるように心がけましょう。
そのため昼間は出来るだけ室内は電気をつけず外の光を取り入れます。
散歩などに出かけて気分転換をおこなうのもおすすめです。
またお昼寝についてですが、午後1時から午後3時の間に設定し1時間ほどを目安にしましょう。
体の冷えも寝つきが悪く夜泣く原因になってしまうので体を温めるように工夫します。
マッサージを取り入れたり温かい飲み物を与えましょう。

スポンサーリンク