MENU

新生児の夜泣きをしない方法について

スポンサーリンク

毎晩夜ぐっすりと眠ることが理想となっていますが、新生児がいるというような家庭ではなかなかこれを実現させることができません。
毎日睡眠不足で悩んでいるという人もいますが、新生児が夜泣きをしない方法があります。
新生児が夜泣きをしないためには、生活リズムや環境を整えると言うことが大切になります。
そのなかで夜泣きをしないための方法として生活リズムの改善があります。
基本的には1日の生活リズムを整えることになります。
大人と同じように早寝早起きや規則正しい生活を心がけるようにします。
こうすることで自分の体内リズムを整えることができます。
朝太陽の光を浴びれるようにカーテンを開けて決まった時間に起こすようにします。
理想的な起床時間は朝7時となっています。
また夜泣きを解消するためには、日中の過ごし方にも注意が必要です。

スポンサーリンク

夜に目が覚めて泣くというのを解消するためには、夜ぐっすりと寝ることが大切になります。
そのためには夜ぐっすりと寝ることができるような過ごし方をさせることが重要となります。
そのためには規則正しい生活リズムで過ごすようにします。
月齢が低くなるほど難しくなっていますが、お母さんが率先して規則正しいリズムを作るようにします。
日中はできるだけ体を動かすようにし、外遊びや散歩も取り入れるようにします。
また安心して夜寝ることができるような環境を整えることも大切です。
暑すぎず寒すぎることがないような室内環境を整えます。
湿気にも気をつけて重すぎる布団は避けるようにします。
また毎日お母さんがしっかりと抱っこをしてスキンシップを行うことで、感情から来る夜泣きを解消することができます。
これで怖さや不安や寂しいというような気持ちを取り除くことができます。

スポンサーリンク