MENU

一歳から1歳半の夜泣きの原因や対処について

スポンサーリンク

一歳から1歳半にかけて赤ちゃんの夜泣きに悩まされているという人が多くなっています。
とくに初めての子育てを行っているという人は不安で仕方がありません。
夜しっかりと眠れていないのではないかと心配する人がいますが、赤ちゃんはまだ生活リズムをしっかりと調整することができないので、これが原因となって夜泣きが発生するようになっています。
このほかの原因として考えられているのは生活環境の変化などです。
したがってできるだけ赤ちゃんが落ち着いて生活ができるような環境を整えることが大切になります。
一歳から1歳半の夜泣きに対する対処法としては次のようなものがあります。
生活リズムを整えると言うことも大切ですが、そのほかの対処法としては体温管理に注意することが大切です。
気温が暑かったり寒かったりするだけでも赤ちゃんは敏感です。

スポンサーリンク

したがって次の2つについて確認するようにします。
まず寝汗をかいていないかと言うことと、手足が冷たくなっていないかという点です。
これは睡眠環境を整える中で非常に大切なサインとなります。
この時期は離乳食を食べている赤ちゃんも多くなっていますが、離乳食の後はお腹がすいて目が覚めてしまうこともあります。
卒乳をすれば夕食を食べたあと10時間から12時間は何も口にしていないという生活リズムとなっています。
しかし小さな赤ちゃんは胃が小さいので、夜中にお腹がすいてしまうこともあります。
そこで目が覚めてしまうのです。
したがってこれを改善するための対処法として、お風呂に入った後に軽く果物を食べさせるだけでも違います。
これは汗で失われた水分を補給する方法としてもおすすめとなっています。
実際に夜泣きが起きたときには、一度環境をリセットするという方法も効果的です。

スポンサーリンク